更新情報

不倫の証拠があるなら弁護士!証拠がないなら、まずは探偵に相談

あなたが結婚していて相手の浮気の決定的な証拠を持っているなら、すぐに弁護士に相談しましょう。
弁護士といっても必ず裁判をしたり離婚をするわけではありません。

弁護士は不倫相手に慰謝料請求をしたり、二度と配偶者に近づかないように、念書を取ってもらうこともできます。いずれにせよ、希望を叶えるためには早めに弁護士に相談しておきましょう。

まだ浮気の証拠を取っていない場合は、とにかく証拠の確保が大切です。証拠となるのは二人の間で性交渉があったと推認できるようなものです。
具体的にはホテルを出入りする時の写真などがこれにあたります。

メールやLINEの文章では証拠とならない場合がほとんどなので、無理に詮索したりせず最初からプロの探偵に依頼することをおすすめします。

浮気問題を扱う弁護士や探偵

弁護士だからと言って、全ての弁護士が離婚事件や不倫事件を経験しているわけではありません。
また探偵も浮気調査が得意な探偵もいれば人探しが得意な探偵もいます。

不倫相談

取り扱い件数も重要ですが、件数だけで選んでもいけません。何十件、何百件という件数を扱っていても1件1件丁寧に取り組まなくては意味がないからです。多くの方にとって弁護士や探偵に仕事を頼むというのは人生で初めての出来事です。失敗や後悔のないように慎重に選びましょう。

料金の明確なところに依頼する

探偵も弁護士も料金は安くありません。
特に探偵は悪徳探偵事務所に頼むと200万円以上取られてしまうこともあります。
探偵は相談無料のところがほとんどなので、必ず相談をして見積もりをもらってから慎重に検討して決めましょう。
また、ぼったくり事務所には最初からいかないことが大切です。

詳しい探偵料金の相場はこちら

丁寧な説明

当サイトでは探偵や弁護士の選び方を丁寧に解説していきます。
質問などがある場合は気軽にコメントください。

相談するにはどうしたらいいの?

迅速な対応

迅速な対応

不倫や浮気の問題で最も大切なのは迅速に対応することです。
不倫の慰謝料については、請求する側であっても請求される側であっても迅速な対応が原則です。
それはなぜでしょうか。

まず慰謝料を請求する側の場合について説明します。
不倫は不法行為にあたり、慰謝料請求とは、つまり不法行為の損害賠償請求です。
そして不法行為の損害賠償については時効が3年と民法で規定されています。
不倫が発覚してすぐに弁護士に相談すれば時効の問題は生じませんが、中には請求するかどうかについて長く考えていた方や見逃そうと思っていたけれど、やっぱり浮気慰謝料を取りたいと考えて弁護士のところにいらっしゃる方も少なくありません。
そういったケースでは時効が目前という場合もあるのです。そのような場合は弁護士に迅速性が求められます。そのような場合は即日、内容証明を発送し、できるだけ早く訴訟を提起することになります。
また、少しでも早く金銭を回収して依頼者の方の気持ちに決着をつけてあげるということが不倫の被害者側の弁護士の大事な仕事ということも迅速さが求められる理由です。

一方で不倫の慰謝料請求をされている側の場合でも迅速に対応していれば、示談できたのに、それをしなかったために裁判になってしまうという恐れがあります。

さらに依頼者の方の負担を軽減するという意味もあります。
請求する側であってもされる側であっても、示談交渉中、裁判中というだけで依頼者の方には精神的に重荷に感じる方がいらっしゃいます。

もちろん中には例外もあります。たとえば不倫の加害者側で時効が目前であり、相手が訴訟を提起してきておらず催告も来ていないという段階では、むしろ示談交渉などせずに時効の完成を待つべきです。