更新情報

不倫の慰謝料問題、離婚問題を扱っている弁護士がご相談にのらせていただきます。

トップ画像

不倫の慰謝料請求をお考えの方、不倫をしてしまい慰謝料請求を受けている方。

お一人で悩まず、お気軽に当事務所へご連絡ください。

事前にご予約いただければ、夜間や休日の相談も対応しております。

不倫弁護士相談 無料相談

男女問題を扱う弁護士

弁護士だからと言って、全ての弁護士が離婚事件や不倫事件を経験しているわけではありません。
当事務所の弁護士は昨年及び一昨年に16件の離婚事件や不倫事件を担当しました(事件として受任していない不倫相談は他にも数多くあります)。

不倫弁護士相談

もちろん数多くの事件を担当すれば良いというわけではありません。何十件、何百件という件数を扱っていても1件1件丁寧に取り組まなくては意味がありません。多くの依頼者の方にとって弁護士に仕事を頼むというのは人生で初めての出来事です。

そのような大切な案件をご依頼いただくのですから、全ての依頼者の方に
「この弁護士に頼んで良かった」と、そのように思っていただきたいのです。

だからこそ当事務所では多すぎず少なすぎずの件数を維持しているのです(そのため事務所の受任状況によっては、受付段階でご相談の申し込みをお断りさせていただく場合もございます)。
また、常に最近の慰謝料の動向や家庭裁判所の考え方もフォローしています。
安心してお任せください。

費用の明確化

当事務所では、ご契約いただく前に、弁護士報酬の内容を書面でお渡しいたします。
また、同時に口頭でも丁寧に説明させていただきます。
もちろん相談だけで契約をしないことも自由です。
当事務所の弁護士が弁護士費用でトラブルになったことは、これまで一度もありません。料金は明確にした上で契約をいたしますので、ご安心ください。

詳しい弁護士費用はこちら

丁寧な説明

初回のご相談の時点で、可能な限り、事件の見通しをご契約前に説明させていただきます。
もちろん依頼者の方にとって不利な事情がある場合には、そのこともお伝えさせていただきますし、裁判になった場合の訴訟費用、裁判費用についても見込みを述べさせていただきます。なお、不倫や離婚に関する訴訟費用はほとんどの事件で数万円で済むのが通常です。
当事務所では、面談による相談を受けつけております。なお申し訳ありませんがメール相談や電話相談は受けつけておりません。ご了承ください。
初回の弁護士相談料は1時間まで1万円ですので、お気軽にご利用ください。

相談するにはどうしたらいいの?

迅速な対応

迅速な対応

当事務所の弁護士が不倫問題で最も重要視しているのは、迅速に対応するということです。
不倫事件については、請求する側であっても請求される側であっても迅速な対応が原則です。
それはなぜでしょうか。

まず慰謝料を請求する側の場合について説明します。
不倫は不法行為にあたり、慰謝料請求とは、つまり不法行為の損害賠償請求です。
そして不法行為の損害賠償については時効が3年と民法で規定されています。
不倫が発覚してすぐに弁護士に相談に来ていただければ時効の問題は生じませんが、中には請求するかどうかについて長く考えていた方や見逃そうと思っていたけれど、やっぱり浮気慰謝料を取りたいと考えて弁護士のところにいらっしゃる方も少なくありません。
そういったケースでは時効が目前という場合もあるのです。そのような場合は弁護士に迅速性が求められます。そのような場合は即日、内容証明を発送し、できるだけ早く訴訟を提起することになります。
また、少しでも早く金銭を回収して依頼者の方の気持ちに決着をつけてあげるということが不倫の被害者側の弁護士の大事な仕事ということも迅速さが求められる理由です。

一方で不倫の慰謝料請求をされている側の場合でも迅速に対応していれば、示談できたのに、それをしなかったために裁判になってしまうという恐れがあります。

さらに依頼者の方の負担を軽減するという意味もあります。
請求する側であってもされる側であっても、示談交渉中、裁判中というだけで依頼者の方には精神的に重荷に感じる方がいらっしゃいます。

もちろん中には例外もあります。たとえば不倫の加害者側で時効が目前であり、相手が訴訟を提起してきておらず催告も来ていないという段階では、むしろ示談交渉などせずに時効の完成を待つべきです。

このページの先頭へ