慰謝料請求

夫が妻以外の人物と不貞関係になった場合、妻は夫及びその交際相手に対し、慰謝料請求することができます。
同様に妻が不貞にいたった場合も夫は妻やその交際相手に慰謝料請求することができます。

ただし、既に婚姻関係が破綻していた場合(例えば長期間別居している)などは、慰謝料請求ができません。
不倫をしてしまった当事者の言い分として、「配偶者とは性交渉がなかった」「夫婦の会話がなく関係が破綻していた」と主張されるケースが多いですが、実際に裁判をしていると、夫婦が同居している場合はほとんどのケースで婚姻関係の破綻は認められていません。これは性交渉の有無や会話の量だけが婚姻関係について判断する材料ではないということや、そもそもそれが事実であったとしても相手が認めない場合は立証が難しいということが影響していると思われます。

慰謝料の金額

慰謝料の金額は、夫婦の年齢や婚姻歴、子供の数、請求する相手の収入、不貞の態様により大きく異なります。

30万円ということもあれば、1000万円をこえることもあります。
慰謝料請求をする場合や慰謝料請求をされた場合はまず専門家に確認することが重要です。

不倫慰謝料の相場

慰謝料請求の手続き

不倫、浮気の発覚から慰謝料請求の裁判までの流れを解説しています。できるだけ感情的にならず早い段階から弁護士と協力していくことが大事です。

慰謝料請求の手続き

必要な証拠

不貞行為があっても、相手が否定した場合は裁判で決着をつけるほかありませんから、証拠が必要となります。
証拠はたとえば、携帯電話のメールやホテルに出入りしている写真、外で手をつないでいる写真です。
最近ではmixi上のメッセージのやりとりなども証拠となります。証拠の判断についても一度専門家に相談することが重要です。

必要な証拠

弁護士をつける理由

不倫相手に慰謝料請求する方法としては、ご自身で全ての手続きをおこなう、行政書士に内容証明だけお願いする、弁護士に全て任せるという方法があります。弁護士に頼むメリットについて説明します。

弁護士をつける理由

このページの先頭へ