慰謝料請求の手続き

浮気や不倫が発覚したからと言ってすぐに、裁判が始まるわけではありません。証拠の収集や相手との示談交渉、裁判の準備など、やらなくてはいけないことは数多くあります。ここでは慰謝料請求の流れをわかりやすく説明します。

弁護士との面談

相手の浮気や不倫が発覚した場合はまず弁護士に相談していただきたいと思います。
弁護士に相談することで、慰謝料を請求した方が良い事案なのかどうか、どれくらいの慰謝料が取れるのか、必要な証拠が何か、どのくらいの時間がかかるのかということが、わかるからです。
このページでも可能な限り説明をしていますが、実際のケースでは事案により対応も異なってきます。

また、相手から慰謝料を請求された場合でも、まずは弁護士に相談することが大切です。
すぐに示談した方が良いのか、裁判を起こしてくるまで待つ方が良いか、集める証拠は何かなどについて検討することができます。

証拠の収集

相談に来られる方には「相手も浮気を認めている」と言って証拠集めを全くしていない方もいらっしゃいます。
しかし現時点では不倫の事実を認めていても、慰謝料を請求したり裁判をおこした場合は、不倫の事実を否定しはじめるケースが少なくありません。
そして、相手が不倫を認めていない以上、慰謝料を請求する側が不倫の事実を証明する必要があります。

したがって証拠の収集は事前にやっておく必要があるのです。

慰謝料の請求

弁護士の面談で方針が決まり、証拠もそろえば、相手に慰謝料を請求することになります。
慰謝料請求の方法は大きく分けて2つあります。

一つは相手に内容証明を送る方法

もう一つは裁判を起こす方法です。

どちらの方法を取るかは、これも依頼者の方の希望を聞きながら弁護士と相談して決めることになります。

内容証明を送る

いきなり裁判をやるのではなく、まずは相手の対応も見たい場合や示談を目指す場合は、内容証明を送ります。
弁護士が文書を作成し、これを依頼者の方に確認してもらった上で、弁護士が相手方に内容証明を送ります。

相手に対応の意思がある場合は、相手から連絡があり、示談交渉が始まることになります
示談交渉はもちろん弁護士が責任を持っておこないます。相手は本人が自分で交渉することもありますが、この時点で相手も弁護士をつけるということも少なくありません。

裁判ではなく示談をすることのメリットは、裁判をやるよりも時間がかからないという点があります。
また離婚や不倫の問題はプライベートな事実を扱うことになります。
裁判になるとこれらの事実を公開の法廷で争うことになりますが、示談であれば当事者だけで問題を解決することができます。
最後に示談のメリットとして履行が期待でき円満に解決できるということが挙げられます。
裁判で慰謝料が認められたとしても相手が任意に支払いをするとは限りません。特に判決までいってしまった場合は、相手が居直ることも少なくありません。そうすると、執行手続きを経なくては慰謝料を回収できず、さらに時間がかかることになります。
一方示談は両者が納得した上での結論を出すため裁判の場合よりも慰謝料が払われる可能性がずっとあがることになります。

裁判をする

示談交渉がまとまらなかった場合や、はじめから相手が不倫を認めないことがわかっている場合は裁判をおこします。
弁護士が訴状を作成し裁判所に提出します。

裁判は弁護士がほぼ全ての手続きをおこないますが、証人尋問の時は、本人も裁判所に出頭する必要があります。
ただし証人尋問の前に和解が成立した場合は、本人の出頭は必要なくなります。

最後まで争いが続き和解が成立しない場合は裁判所の判決となります。

裁判の期間は事案により異なりますが、だいたい半年程度です。

証人尋問の流れ

裁判上でも和解できない場合は、尋問をやることになります。
原告と被告、必要に応じて証人も証言台に立つことになります。
尋問は、通常裁判の終盤でおこなわれます。
原告の尋問は原告代理人がまず最初に質問をして、次に被告代理人が質問をします。
最後に裁判官が質問をします。
被告の場合は被告代理人が最初に質問をして、その次に原告代理人、裁判官という順序になります。
不倫や離婚の慰謝料請求では、写真やメール等の物証が重要ですが、尋問の結果も慰謝料の金額算定にあたっては重視されています。

このページの先頭へ