慰謝料請求の証拠

いくら相手の不倫を確信していても、慰謝料を請求するためには証拠をそろえる必要があります。
同じ不倫や浮気であっても、その態様は様々ですから、集める証拠も当然事案によって変わってきます。

まず、最も強い証拠となるのは二人がホテルや家などに出入りしている写真やビデオです。
そのような証拠があれば不貞行為を強く推認できますから、非常に有利に裁判をすすめることができます。

もっともそのような証拠が取れないからと言って、あきらめる必要はありません。
たとえば携帯電話のメールや、カーナビの記録、飲食店やホテルの領収書などの小さな証拠であっても、それらを積み重ねることで、不倫や浮気を立証することができます。
他にも浮気相手へのプレゼントのレシートやクレジットカードの利用明細なども証拠となります。

また相手が不倫を認めている場合も、それで安心せず認めている発言を録音しておくことは重要です。
後で相手が言い分を変えた場合にそれを攻める証拠となります。

興信所の利用

浮気の証拠として一般の方が最初に思い浮かべるものに興信所があると思います。

たしかに探偵事務所を利用すれば決定的な証拠をおさえられる可能性があがります。しかし探偵事務所の料金はとても高いというのが実情です。
一方で慰謝料の相場を見ればわかる通り、必ずしも高額な慰謝料が取れるとは限りませんので探偵事務所の利用については事案を慎重に見極めることが必要となります。

なお、探偵事務所でかかった料金については、相手に相当な範囲であれば請求できる場合もありますが、全額認められる可能性はあまり高くありません。

おすすめの探偵はいますかという質問について

慰謝料請求の証拠についての質問

夫のカーナビに他県に毎週行っている記録が残っていました。女性のところに行っているのだと思います。この証拠で慰謝料請求できますか。

その証拠だけで慰謝料請求が認められる可能性は低いです。
夫に不法行為があったということを証明しなくては慰謝料を請求することはできません。相手の名前も住所も特定できていない段階ですし、不貞があったということもこの証拠だけでは証明できません。


不倫相手の名前や住所はわかりませんが、夫と不倫相手のメールの証拠はあります。夫に対して慰謝料請求はできますか。

そのメールの内容から、夫と不倫相手の間で性交渉があったことが明らかな場合は慰謝料請求できる可能性は高いと言えます。単に仲が良さそうという内容であればメールだけでは難しいでしょう。
なお、メールの証拠があるということであれば相手のメールアドレスがわかっているはずですので、弁護士会照会などの手続きで不倫相手を特定できる場合があります。


妻と別居中ですが、浮気の証拠をつかむために妻の郵便受けから手紙などをとってきても良いでしょうか。

たとえ家族であっても、別居している相手の住居敷地内に入って手紙を取るという行為は住居侵入、窃盗罪が成立する可能性があります。また正当な理由がなく封をしてる信書をあける行為は信書開封罪となります。よって、そのような証拠収集は原則として辞めるべきです。

一般に民事裁判では証拠能力が問題となることはありません。しかし、著しく反社会的な手段を用いて集められた証拠については、裁判所もその証拠能力を否定したり、証拠の申し出を却下します。

このページの先頭へ