弁護士が必要な理由

不倫の慰謝料請求については、ご自分でやることも不可能ではありません。
ただし、これまで述べたようにご自身の場合にどれくらいの慰謝料が妥当なのか、必要な証拠はそろっているか、示談をするにはどのような姿勢で臨むべきか、どのような書類を作る必要があるのか、などと専門的な知識も必要とされます。
そのため少しでも良い結果を得るためには、やはり専門家をつけた方が有利であることは間違いがありません。

また、不倫や浮気の問題は家庭に関わるとてもセンシティブな問題です。
たとえ弁護士であっても自分の件は自分でやろうとせず別の弁護士に頼んだ方が良いと言われているほどです。
一般の方が感情的にならず冷静に動くのはとても難しいでしょう。自分自身が冷静であっても相手が感情的になっているというこも少なくありません。

弁護士であれば依頼者の意向をくみながらも、常に冷静な対応が可能です。

行政書士ではダメか?

行政書士ができるのは、内容証明の作成までです。
実際に相手と交渉したり、裁判をすることは弁護士でなければできません。
そうすると裁判になる場合は結局行政書士に頼んだ後に弁護士にも依頼しなければなくなってしまい、費用が2重にかかってしまいます。

さらに内容証明に書かれた文言でミスがあると、それは後の裁判で大きな傷となります。
したがって可能な限り最初から弁護士に依頼されることをお薦めします。

そもそも、裁判になった場合にどうなるかという見通しを立てられなければ効果的な内容証明も作ることができないはずです。

弁護士をつけるタイミング

当事務所では内容証明段階でも、訴訟提起段階でも料金が同じですから、できるだけ早い段階でご相談いただければと存じます。実際、通知書の作成や示談交渉段階からご依頼いただいた方が弁護士としても経過がわかりますので裁判もより進め易くなります。

このページの先頭へ