弁護士費用

当事務所の離婚事件、慰謝料請求事件の弁護士費用についてご説明いたします。

着手金

慰謝料請求のみのご依頼(交渉)については20万円〜(相手方対応や事案が困難な場合などは増額)。裁判となる場合は+10万円。

離婚調停事件については30万〜50万円
離婚交渉事件から引き続き離婚調停事件を依頼いただく場合、上記離婚調停事件の着手金の額の2分の1を加算します。

離婚訴訟事件については40万円〜60万円。離婚調停事件から引き続き離婚訴訟事件を受任する場合、上記離婚訴訟事件の着手金の額の2分の1を加算します。

報酬金

離婚の成立や親権の獲得など(契約時に定めた目標を達成した場合にかかるものです)
事案に応じて30万円〜60万円。慰謝料請求のみのご依頼の場合、この報酬金はかからず以下の割合に基づく成功報酬のみ発生します。

相手方より財産を取得した場合
取得した金額の16%から20%

相手方からの財産的な請求に対応した場合
10万円+減額した金額の16%から20%

なお、契約時に事案に応じて上記の基準より減額する場合があります。

例えば、慰謝料を相手方から100万円取得した場合
100万円の16%である16万8000円(税込み)が報酬金となるので、依頼者の方が取得する金額は83万2000円となります。

日当、交通費などの実費

他に交通費や切手代などの実費がかかります。遠隔地に出張となる場合は時間に応じて1万円からの日当がかかる場合があります。

このページの先頭へ