不倫相手が妊娠したケース

夫が不倫をして相手の女性を妊娠させてしまいました。養育費や慰謝料はどうなるのでしょうか。

たとえ、相手の女性が妊娠しようとも、不倫や不貞が不法行為にあたることは変わりありません。
したがって、夫や相手の女性に対して慰謝料請求することが可能です。

一方、たとえ、夫と相手の女性と婚姻関係になかったとしても、子どもの父親であることには変わりありません。
認知をすれば養育費の支払い義務が発生します。
養育費の決まり方については、通常の夫婦が離婚した場合と同様に、夫の収入と扶養家族、相手の収入と扶養家族によって決まります。
話し合いで決めることができない場合は、家庭裁判所の調停、審判をおこなうことになります。

また、質問からは話がそれますが、認知により、夫が死亡した場合の相続について不倫相手の子どもも相続人となります。

このページの先頭へ