不倫による離婚と子どもの問題

不倫をしてしまい、離婚になりそうです。離婚後子どもと会えなくなりますか。

未成年の子どものいる夫婦が離婚をする場合、父母のいずれかが親権を持つことになります。親権を取れなかった親であっても、子どもと会う権利はあります。これを面接交渉といいます。
離婚の原因が不倫などの場合、相手の配偶者は「絶対に親権をとらせない」「子どもと会わせない」と主張してくることも珍しくありません。

しかし、子どもの親権や面接交渉を認めるかどうかは子ども福祉の観点から決められるため、不倫があったからと言って、即座に認められなくなるというものではありません。

もちろん、性格の不一致などの場合などと比較すれば難航する可能性は非常に高いですが、だからといってあきらめるという問題ではありません。

このページの先頭へ