浮気

心の浮気で慰謝料を取れますか。

夫婦の一方が異性と不貞行為に及べば、原則として慰謝料請求が可能となります。
それでは、好きという気持ちはあったが一線はこえていないといういわゆる「心の浮気」の場合はどうでしょうか。

弁護士という仕事をしていると、この一線はこえていないという主張は意外と多くみかけます。
まず、不貞行為がないと主張しても客観的な事実から不貞行為が推認される場合は裁判でも不貞行為があったとの認定され慰謝料の支払いが命じられます。
たとえばホテルに二人で出入りする写真があればこれを覆すのは困難と言えるでしょう。

一方、そのような証拠がない場合は慰謝料が認められない可能性が高いように感じます。
二人で休日にデートしていたという程度では民法709条の不法行為にあたるとまでは言えないという判断なのでしょう。
しかし、これも程度問題です。手をつないで外を歩く写真が何枚も出てきたり、キスをしている写真がある、親密なメールがあるという事情が出てくれば、平穏な家庭を築くという夫婦の利益を侵害していることは明らかです。

以上のことからすると心の浮気だから慰謝料を支払う必要はないと判断するのは早計で、具体的事案について詳細な検討が必要と言えるでしょう。

このページの先頭へ