慰謝料の不払いと執行

不倫の慰謝料を支払ってもらう約束をしましたが、支払いがありません。どうしたら良いですか。

当事者で話合った結果、相手が慰謝料を払うと言ったのに、その後約束した日を過ぎても支払いがないというケースは少なくありません。
この場合、どういった形で約束をしたかによって取るべき方法が変わります。
まず、公正証書を作成し、支払わない場合は強制執行する旨まで定めていた場合は、強制執行をします。

ただし、当事者同士の話し合いで公正証書の作成までやっているケースはあまりありません。

きちんとした示談書を作っている場合は、その示談書を証拠にして、裁判をおこないます。
また、単に口約束という場合は、言った言わないの話になることがほとんどですので、通常どおり不倫の慰謝料請求訴訟をおこなうことになります。

なお、弁護士が介入して示談や裁判をおこなっても、払わないという人は一定数います。
その人達には強制執行をかけることになりますが、ないところからは、取れません。
したがって単に裁判で勝つということを目標にするのではなく、現実に回収可能かどうかということははじめに検討しなければいけないのです。

このページの先頭へ